知っとこおばまおばまの歴史

心やすらぐ美食の郷、御食国

 若狭小浜は、日本海側、列島の中央に位置し、大陸や朝鮮半島、そして京の都と深くつながる文化都市でした。現在にも130もの寺院を残し、数多くの祭礼や芸能を伝承している小浜市は、平成27年4月14日、文化庁が創設した日本遺産第1号として「海と都をつなぐ若狭の往来文化遺産群 ~御食国(みけつくに)若狭と鯖街道~」の認定を受けました。(小浜市・若狭町の2市町で認定。)

 

 奈良時代以前から、若狭湾に面し、海の幸に恵まれた若狭一帯は、天皇家の食料である「御贄(みにえ)」を送る「御食国」として、都の食文化(≒和食文化)を支えてきました。
 平安時代に入ると海上交通の要地となり、海を隔てて向き合う大陸や朝鮮半島をはじめ、日本各地から多くの文化や品物、人が流入してきました。
 近年、“鯖街道”(鯖街道資料館)と呼ばれる幾筋もの道によって都に新鮮な海産物が送られ、京都からは最新の文化が伝わり、若狭小浜に繁栄をもたらしました。

 「文化財の宝庫」(小浜の文化財一覧)とも呼ばれる小浜市を含む都につながる街道沿いには、平安時代の仏像や鎌倉時代に創建された寺院が数多く残っています。平安貴族が深く帰依した天台宗、真言宗という密教的な信仰との関係を示している「十一面観音像」という仏像が数多く残されていることからも、都との深いつながりがうかがえます。 また、小浜にある明通寺の伽藍は鎌倉時代に建てられたもので、本堂と三重塔は国宝に指定されています。

 室町時代初期の1408年、将軍足利義満への贈り物として象やダチョウなど、当時珍しい動物を積んだ“南蛮船”が交易基地として発展を続けていた小浜に入港しましており初めて「象」が日本に上陸したまちとなりました。


 戦国時代から江戸時代にかけ、小浜の領主はたびたび変わりましたが、徳川三代将軍家光の時代、幕府老中酒井忠勝が小浜藩主となり以来幕末まで酒井家のもと、城下町小浜は若狭中心都市として栄えました。当時の廣峰神社の祭礼“小浜祇園大祭”からも小浜の繁栄状況がうかがえます。

 大陸や都との交流でもたらされた寺院や神社・仏像・お祭りなどの伝統行事、往来の歴史のなかで育まれた独自の食文化など、すばらしく多彩で密度の濃い往来文化遺産群が今も大切に伝えられている”御食国 若狭おばま”は、1500年ものさまざまな歴史と文化に彩られ、今なお時を超えて人々を魅了してやみません。

明通寺三重塔
明通寺三重塔
明通寺
明通寺
羽賀寺 十一面観音菩薩立像
羽賀寺 十一面観音菩薩立像
初めて像が来た港図
初めて像が来た港図

交通案内

お役立ちリンク

さばトラななちゃん

PAGE TOP

表示モード スマートフォン パソコン

Copyright © 2015 若狭おばま観光協会 Wakasa Obama Tourism Association. All Rights Reserved.