イベント詳細:ええやん!若狭の國 若狭おばま観光協会公式サイト

小浜城址 (おばまじょうし)
  • 【 カテゴリ:史跡 】

小浜城址

小浜城址

小浜城址

小浜城址

観光船や漁船で賑わう小浜漁港から南川をはさんで間近に、高い石垣に囲まれた老樹の森が見えます。今は小浜藩祖酒井忠勝(ただかつ)をまつる小浜神社の境内地となっている小浜城趾です。
関ヶ原合戦の後、若狭の国主は京極高次となり、慶長6年(1601)に、この地雲の浜に住む漁師たちを下竹原(西津郷)に移住させて築城にとりかかり、京極忠高(ただたか)が寛永11年(1634)松江に転出の後、酒井忠勝が小浜城主となって天守閣の造立に着手し、同13年(1636)10月に完成しました。
以来酒井家14代、238年間の居城となったりましたが、明治4年廃藩置県に際して城内に小浜県庁が設置されました。しかし間もなく大阪鎮台分営のための改修工事中、明治4年(1871)12月二の丸櫓から出火し、旧城大部分を焼失して、今は城郭の石垣を残すのみとなりました。
南川、北川を城の外堀とし、四方を水で囲まれた水城でした。

小浜市城内 TEL.0770-52-1920

舞鶴若狭自動車道小浜ICから車で10分
北陸自動車道敦賀ICから車で70分

住所 福井県小浜市城内1丁目
アクセスマップ
関連資料
ページトップにもどる