イベント詳細:ええやん!若狭の國 若狭おばま観光協会公式サイト

圓照寺 (えんしょうじ)
  • 【 カテゴリ:神社・寺院 】

圓照寺

木造大日如来坐像

 創立は不明ですが、かつて大日山堂谷にあった真言宗遠松寺が文安元年(1444)に現地に移されてのち、臨済宗圓照寺と改められました。金色に輝く木造大日如来坐像は251.5cmあり、国宝、国指定重要文化財63躰の大日如来像のうちで4番目の大きさを誇ります。
 また、江戸時代初期の造園になる緑豊かな庭園には、樹上で生活する珍しいモリアオガエルが生息しています。

・木造大日如来坐像(国指定重要文化財、平安後期、像高251.5㎝)
  ヒノキ材の寄木造の12世紀初頭の作で、北陸地方では数少ない
 大日如来像の優品といえます。
  江戸後期には、全身の金箔を改め、蓮華を除く台座の大部分や
 光背などを後補しています。

・木造不動明王立像(国指定重要文化財、平安後期、像高158.7㎝)

拝観料 400円(※障がい者手帳の提示で半額)

臨済宗南禅寺派
小浜市尾崎 TEL.0770-56-1902

舞鶴若狭自動車道 小浜ICから車で 8分
北陸自動車道 敦賀ICから車で70分

住所 福井県小浜市尾崎22-15
アクセスマップ
ページトップにもどる