イベント詳細:ええやん!若狭の國 若狭おばま観光協会公式サイト

妙楽寺 (みょうらくじ)
  • 【 カテゴリ:神社・寺院 】

妙楽寺

木造千手観音菩薩立像

千手観音(妙楽寺)

妙楽寺 山門

 養老3年(719)に僧行基が本尊を彫り、延暦16年(797)に弘法大師が本尊を排して堂舎を建立したといわれる名刹。桜並木の参道から山門をくぐると、境内には俗界と一線を画す静寂が広がります。
 鎌倉時代に建立された本堂(国指定重要文化財)は若狭における最古の建造物で、24面を持つ珍しい木造千手観音菩薩立像が安置されています。

・木造千手観音菩薩立像
  (国指定重要文化財、平安中期、像高146.4㎝)
  ヒノキ材の一木造で平安期半ばころの10~11世紀作と思われていま
 すが、養老3年(719)、僧行基が若狭巡歴の時、岩屋山に登り、千寿
 千眼の霊像を刻んで、岩窟に安置したと伝えられる仏像です。
  本面である正面のほかに、両側に大ぶりの脇面を持ち、頭上の面も
 合わせると、二十四面の千手像であることから、世に珍しい実例のひ
 とつとされ、現在、本像のように、二十四面の形を伝えるものは数少
 ないようです。

拝観料 400円(※障害者手帳の提示で割引)

真言宗高野山派

住所:小浜市野代28-13
 
TEL:0770-56-0133
FAX:0770-56-0433

舞鶴若狭自動車道 小浜ICから車で8分
北陸自動車道 敦賀ICから車で70分

住所 福井県小浜市野代28-13
アクセスマップ
ページトップにもどる