観光スポット一覧:ええやん!若狭の國 若狭おばま観光協会公式サイト

祭り・年中行事

  • 放生祭

    ほうぜまつり
    放生祭

    【 カテゴリ:祭り・年中行事 】

     放生(ほうじょう)とは、捕えられた魚鳥に法を修して山野、池水に放つ慈悲行で、この放出を放生会(ほうじょうえ)といいます。  天武天皇5年(677)8月に初見されますが、養老4年(720)の宇佐八幡宮放生会として八幡神社で独自の法会として...

    住所 福井県小浜市小浜男山9
  • お水送り

    おみずおくり
    お水送り

    【 カテゴリ:祭り・年中行事 】

     3月12日に奈良東大寺二月堂で行われる「お水取り」に先がけて、毎年3月2日に行われる小浜市神宮寺の「お水送り」は、奈良と若狭が昔から深い関係にあったことを物語る歴史的な行事です。  奈良のお水取りが終わると春が来る。関西の人々は、毎年こ...

    住所 福井県小浜市神宮寺30-4
  • 遠敷祭り

    おにゅうまつり
    遠敷祭り

    【 カテゴリ:祭り・年中行事 】

     若狭姫神社の遠敷明神および若狭彦神社の祭りが、遠敷祭りです。若狭彦・姫神社は、若狭一宮であり、遠敷明神が養老5年2月10日に遠敷の地に鎮座されたので、3月10日にお祭りを行い、若狭彦神が霊亀元年9月10日に鎮座されましたので10月10...

    住所 福井県小浜市遠敷池田 ‎
  • お城祭り(雲浜獅子)

    武蔵の国川越から伝えられた伝統の演舞・華麗典雅な恋物語 雲濱獅子(うんぴんじし)の由来: この獅子舞は旧若狭小浜藩主、酒井忠勝公が寛永11年(1634)武蔵川越から小浜に国替えの際に伴って伝えられました。小浜に連れてこられた演者たちは「関...

    住所 福井県小浜市城内1丁目 ‎
  • 松上げ

    まつあげ
    松上げ

    【 カテゴリ:祭り・年中行事 】

     8月23日、滝谷区、西相生区など南川河原で、高さ22メートルの藁で組んだ「もじ」に向けて松明を投げ入れ、家内安全、豊作を願います。夜空に舞い上がる炎の乱舞は、美しい幻想の世界を描き、観衆は固唾をのんで見守り、炎に包まれた松明が「もじ」近...

    住所 福井県小浜市口名田・中名田地区
  • すり鉢くぐり(法雲寺)

    すりばちくぐり
    すり鉢くぐり(法雲寺)

    【 カテゴリ:祭り・年中行事 】

     健康を願い、健やかな生活を願って集う人々は、今も昔も変わりなし・・  6月30日から7月1日にかけて、中風地蔵尊をまつる法雲寺で営まれる中風除けの「大祈祷会法要」の最後に行われる行事です。俗称「すりばちやいと」ともいわれ、「すり鉢」を...

    住所 福井県小浜市四分一49-6
  • 地蔵盆

    じぞうぼん
    地蔵盆

    【 カテゴリ:祭り・年中行事 】

    ■若狭おばまの地蔵盆  地蔵盆とは子供達の無病息災を願う、子供が主役のまつりです。毎年8月23日、西津地区をはじめ市内のあちこちで繰り広げられ、「まいってんのー」と鐘や太鼓を鳴らし、道行く人にお賽銭を上げてもらう。  また地蔵盆に合わせ、お...

    住所 福井県小浜市北塩屋西長町 ‎
  • 壬生狂言

    みぶきょうげん
    壬生狂言

    【 カテゴリ:祭り・年中行事 】

     「和久里壬生狂言」は、小浜市和久里の西方寺境内で6年に1度奉納される狂言です。  無言仮面の狂言は人の道を逆説的にコミカルに伝えます。  「壬生狂言」というと京都「壬生寺」で、「大念仏会」の昼の勤行として円覚上人が始められ、700年の歴...

    住所 福井県小浜市和久里 西方寺境内
  • 西津祭り

    にしづまつり
    西津祭り

    【 カテゴリ:祭り・年中行事 】

     西津祭りは江戸中期に始まったとされる。  釣姫神社、玉津神社、日吉神社の氏子が、かねや大太鼓、笛を鳴らし、みこしを担いで地区内で、悪霊などを払うといわれる棒振りを各家庭の前で演舞しながら巡行します。  祭りは、毎年行われるが、出し物は2...

  • 手杵祭り

    てぎねまつり
    手杵祭り

    【 カテゴリ:祭り・年中行事 】

     天下の奇祭・過去の悪行を悔いる純真な心の祭典。  矢代地区加茂神社の例祭で県無形民俗文化財に指定された奇祭です。  奈良時代に矢代の村に漂着した唐の女王の一行を財宝に目がくらんだ住民が襲い惨殺したという歴史、悲話を悔み、たたりをおそれ...

    住所 福井県小浜市矢代
    • ◀ 前のページ 1/2 次のページ ▶
ページトップにもどる