名産品詳細:ええやん!若狭の國 若狭おばま観光協会公式サイト

若狭ふぐ
  • 【 カテゴリ:海産物 】

若狭ふぐ

若狭ふぐ

若狭ふぐ

若狭の冬の味覚といえば「若狭ふぐ」。

 「若狭ふぐ」とは、日本で最北のとらふぐ養殖生産地、若狭湾で育ったとらふぐのことです。

 冬の冷たい海で育てられるため、身質が天然にも劣らないと定評があります。

 高タンパクでありながら脂肪はほとんどゼロで低カロリー。しかも血圧を下げる効果のある

 カリウムが豊富に含まれています。


 ※ 若狭ふぐ料理は、市内の飲食店、ホテル、旅館、民宿等で提供されておりますが、調理に時間を要しますので、事前

に各店舗にご予約ください。


ふぐの食べ方ですが、鋭い歯を持つアゴの部分はぶつ切りにして鍋物に、白身の部分は刺身などに、皮は表のトゲの立っているところだけ包丁でそぎ落として鍋物や酢の物に、ひれは良く乾かし火にあぶりひれ酒に、白子は天ぷらや雑炊にして味わいます。この美味さは絶品です。

<刺身・ふぐ皮>

刺身、ふぐ皮の湯引きを盛りつけます。
ポン酢を小皿に注ぎ、刻みワケギ、紅葉おろしを加えたタレを作り、刺身、ふぐ皮をタレで召し上がります。

<ふぐちり> (材料:白菜・木綿豆腐・白ネギ・生椎茸・餅など)

土鍋に適量の水とダシ昆布を入れ、沸騰したらふぐを入れ4~5分煮ます。ふぐの色が白くなったら豆腐、野菜類の順に入れて、再び沸騰させます。
刺身と同じくポン酢と薬味のタレにつけて召し上がります。

<雑炊>

鍋の中に残ったものを取り出します。
ご飯を入れ、煮立ってからときほぐした卵を全体にまわし入れ、刻みワケギを散らします。
フタをして火を止め、少し蒸らしてからお召し上がり下さい。刻み海苔・ポン酢などで風味を付けるも可。

<ひれ>

ふぐのひれを弱火で少し焦げ目がつくくらいまであぶります。
コップか湯飲みにあぶったひれを入れて、70度前後に温めた日本酒をそそぎ入れ、1分ほどおいてから、ひれを取り出してお呑み下さい。

ページトップにもどる