最新情報詳細:ええやん!若狭の國 若狭おばま観光協会公式サイト

2月24日(土)へしこ博士とゆく!おばま発酵食探訪 参加者募集!

開催日 平成30年2月24日(土)

おばま発酵食探訪の第一食目は【究極のへしこ】です!

へしことは、若狭おばまを中心にこの地方で作られる鯖の糠漬けのことです!
小浜はその昔一塩して京都まで鯖を運んだといわれる「鯖街道」の起点であり、古くから鯖の産地として知られています。へしこの歴史も古く、少なくとも江戸時代から冬場のたんぱく源の保存食として若狭の各家庭で作られ、小浜や鯖街道沿線の宿場、京都などで重宝されていました。

鯖と糠と塩だけを使って、小浜の暑い夏を超えてじっくりとへしこを熟成する・・。
若狭に古くから伝わる「へしこの製法」と鯖が獲れた内外海(うちとみ)地区で作っていた塩や糠との関連を科学的に解明したへしこ博士・福井県立若狭高等学校の小坂康之教諭による講義でへしこの本質に迫る!

へしこの聖地「内外海」で究極のへしこの製法と味を目の当たりにしたとき、あなたのへしこに対する価値観はがらりと変わることでしょう!
若狭おばまの究極のへしこを是非探訪ください!


日程/平成30年2月24日(土) 14:00~17:00 ※現地集合解散
場所/民宿かどの(福井県小浜市矢代4-42) 定員/20名
内容/サバへしこの製造見学、樽上げ試食、へしこ博士による講義
費用/参加費5000円 樽上げしたサバへしこのお土産付き
※費用内訳はサバへしこ代3,000円と試食用材料費などの運営経費になります。
※別途宿泊(夕食・朝食付)をご希望の方は事前にご相談ください。

申し込み/おばま観光局 0770-56-3366 締切2/21まで

主催/おばま観光局 協賛/うまし漁村の会

ページトップにもどる