最新情報詳細:ええやん!若狭の國 若狭おばま観光協会公式サイト

若狭に春を呼ぶ神事 若狭神宮寺「お水送り」

開催日 平成29年3月2日(水)

 3月12日に奈良東大寺二月堂で行われる「お水取り」に先がけて、毎年3月2日に行われる小浜市神宮寺の「お水送り」は、奈良と若狭が昔から深い関係にあったことを物語る歴史的な行事です。

 奈良のお水取りが終わると春が来ます。関西の人々は、毎年この春の兆しを待ちわびます。この奈良東大寺二月堂のお水取り(修ニ会の「お香水」汲み)は全国にも有名な春を告げる行事ですが、その「お香水」は、若狭鵜の瀬から10日間かけて奈良東大寺二月堂「若狭井」に届くといわれています。(両市は、この天平時代からの1,200年の歴史の輪廻により、昭和46年より姉妹都市盟約を締結しています。)

 「お水送り」は午前11時、下根来八幡宮で営まれる山八神事から行事はスタート。神宮寺僧と神人がカシの葉に息を吹きかけ、手を交差させて後ろに投げます。これは、体内に宿った悪霊を振り払うためです。それから赤土をお神酒で練ったものをご祈祷してからなめて、残り土で柱に「山」と「八」の字を書き込みます。

 午後1時からは神宮寺境内において弓打神事。紫の装束に身を包んだ氏子代表が古式にのっとり、30メートルほど離れた的に向けて弓を放ちます。

 午後5時半ごろ、白装束の僧がホラ貝を吹きながら山門をくぐり入場します。

 午後6時からお堂で修二会を営み、「だったん」の行へ。7メートルもあろうかと思われる巨大松明を「エイッ、エイッ」とのかけ声とともに振り回します。

 午後7時から境内に設けられた大ゴマを中心に大護摩法要が行われ、30分過ぎから、大護摩の火が大松明・中松明・手松明に移され、松明行列となって、1.8㎞上流の鵜の瀬へと荘厳な行列が続きます。

 鵜の瀬に松明行列が到着し、いよいよ大護摩に火がともされると、炎が水面に燃え広がったようになります。住職が送水文を読み上げ、邪気払いをし、香水を遠敷川に流す。香水は10日後、奈良東大寺の「お水取り」で汲み上げられます。

<松明行列および手松明について> 
・午後7時30分頃からの約2kmの松明行列には、一般市民、観光客の皆さんも手松明を購入して参加することができます。
・手松明は1本1,500円でご購入いただけます。
・ご予約の方は、神宮寺0770‐56‐5566にFAXにてご予約ください。
 (当日求めていただける手松明も若干数は用意いたします。)

<シャトルバスについて>
①小浜駅発着分
(行き)小浜駅17:45発 ⇒ 神宮寺18:00着
     満員になり次第随時発車、最終便18:00発
(帰り)鵜の瀬ポケットパーク21:30頃発 ⇒ 小浜駅
(料金)片道800円、往復1,500円

②竜前臨時駐車場発着分
(行き)竜前臨時駐車場17:00発 ⇒ 神宮寺17:05着
     以降19:00最終便まで15分間隔で発車
(帰り)鵜の瀬ポケットパーク21:30頃発 ⇒ 臨時駐車場
(料金)片道200円

※竜前臨時駐車場~神宮寺間の距離、約1.5㎞。
  神宮寺~鵜の瀬間の距離、約2㎞。

<神宮寺の拝観について>
・お水送り準備等のため、2月15日から3月5日まで若狭神宮寺の拝観はできません。

ページトップにもどる