御食国って何?:おばまの歴史:ええやん!若狭の國 若狭おばま観光協会公式サイト

 「御食国」(みけつくに)とは、古来、朝廷に「御贄(みにえ)」(「御食」:天皇の御食料を指す)を納めた国のことです。 万葉集においては、伊勢・志摩・淡路などが御食国として詠われるとともに、若狭については、平安時代に編集された「延喜式」に、天皇の御食料である「御贄(みにえ)」を納める国として、志摩なとどと共に記されています。
 また、奈良時代の平城京跡から出土した木簡の中に「御贄(みにえ)」を送る際につけた荷札が発見されていることなどからも、御食国であったことがうかがい知られます。
 若狭は、古くから塩や海産物等を納める「御食国」として、歴史的に重要な役割を果たしてきました。

熊川街道を馬車で京へ(昭和30年頃)

 御食国としての若狭小浜の名を一躍有名にしたのは、若狭と京を結ぶいくつかの若狭街道、通称“鯖街道”(鯖街道資料館)である。 鯖街道のルーツは先にも紹介したように遠く奈良時代にさかのぼる。 若狭小浜で獲れた鯖が若狭街道に沿って朽木谷を抜け、花折峠を越え、大原の三千院あたりから京に入る道に運ばれた記録が残っている。 その道が、小浜から出発する鯖街道であった。
 現在の距離にして約80キロぐらいだろうか。 今なら車で1時間余りだが、当時は人が背負いかごを担いで深い山間の道を歩いたのだからさぞかし大変だったに違いない。 一説には、ちょうどその距離を、小浜の海辺で獲れた鯖にひと塩し、夜を徹して京都に運ぶと着いたころには最も良い味になることから、鯖街道と名づけられたともいわれている。 鯖街道は、若狭から京都へ魚介類を運ぶ生活の道であった。 そして、この道を通って、鯖だけでなく若狭小浜で水揚げされた数々の海の幸が京都に運ばれたことは想像に難くない。 鯖街道は、今日の食文化に繋がる通り道だったのである。

若狭ガレイ

小鯛のささ漬

 

 歴史をたどると、海の幸の拠点だった若狭小浜の姿が改めてクローズアップされるのだが、そもそも小浜がそうなり得たのは、暖流と寒流が交差する若狭湾が、昔から魚介類の宝庫とされてきたからだ。
 朝、市場に水揚げされる魚介類は日本海の荒波にたっぷりもまれ、活きのいいまま食卓に並べられる。豊饒な海がもたらす新鮮な恵みは、小浜の魅力を一層ひきたたせる味覚の代表であることは間違いない。 そんな小浜の特産物を少しばかり旅してみよう。
 小浜では、魚は昔から生魚か、塩魚の中間である四十物(あいもの)(塩干物)で取引されてきた。 四十物は、若狭湾だけでなく、北海道や隠岐、丹後からも運ばれ、中でも若狭甘鯛や若狭カレイは、江戸時代の初めから若狭の特産物としてその名が知られるようになったという。 おそらく、鯖街道を通って京都にも運ばれたであろう。
 京都の祭りには今でも「鯖ずし」が欠かせない。 江戸時代の初めといえば、ゆうに300年以上の歴史がある。 若狭カレイは今でも皇室に献上されており、昔も今も小浜の代表的な海産物だ。
 もちろん、若狭ガレイだけではない。 地元で水揚げされたばかりのレンコダイを使った小鯛のささ漬けも、全国的に知られる小浜の特産品だ。 そしてもう一つ、若狭湾といえば、冬の味覚の代名詞、若狭フグも欠かせない。 てっさ、てっちり、ひれ酒、ふぐぞうすいなどさまざまな味わい方が楽しめる。
 食を知りつくした人は、シーズンを迎えるとその土地の旬の味覚を必ず訪ねるものだという。 たとえば、冬のズワイガニ若狭カキといった海産物もそのひとつ。 日本海の暖流と寒流にもまれ、身が引き締まった魚介類をたっぷり味わえるのも小浜ならではの魅力だ。

くずまんじゅう

 

 自然の恵みに育まれた小浜の人々は、一方でその土地の味を育てている。 良い素材が多いところには、良い味が育つ。 それは魚介類だけに限るものではない。
 味覚に精通した小浜の人は、たとえ和菓子であってもその土地ならではの味わいをもったものを好む。 そんな意識が、独特の逸品を育てているといえよう。
 そのひとつが夏の和菓子・くずまんじゅうだ。 若狭のくずは「日本三大くず」のひとつに数えられ、くずまんじゅうは、そのくずを使い、豊かな水と自然の素材を生かした小浜の代表的な名物。 良質の水と素朴な材料でつくられるだけに、掘り抜き井戸の水で冷やすと、ひときわ自然の味が引き立っておいしい。 冬の和菓子・でっちようかんも、甘さを抑えた風味が人気の名物だ。 天然の恵み、自然のもてなし。 それは今も昔も変わらない若狭小浜のありのままの姿である。

ページトップにもどる